◆GUEST ARTIST PROFILE◆

Vol.1 -2011.01.28(fri)- 
<<IBIZA SPUN VISION>> 
【Last Men Standing】 

 

Last Men Standing 
(Spun Records/ On The Move Music/ Ibiza) 

Nyimo NijmanとLevin Karcherの二人によるユニット。 
Last Men Standing(別名L.M.S)としての活動で知られている.Nyimo Nijmanは1987年アムステルダム(オランダ)で生まれ、ピアノレッスンと音楽学校に通い育ち、Levin KarcherとIbizaの学校に通い始めることになる。その後彼らは、両親達を通じ、GMSのRiktamとShantiと知り合う事になります。 
GMSの秘蔵っことして名高い彼らはこれまでにデビューアルバム「This is Ibiza」、や自身のコンパイル作品「V.A./Ibiza Unleashed Vol.1 Compiled by Last Men Standing」、シングルCD、「ARTEMIS」などをコンスタントにリリースし話題を呼んできた人気のLast Men Standingが遂に2NDアルバム、「From Zero To Hero」をSPUN RECORDSより発売!!収録トラックにはPOLIやSHANTIなどおなじみのSPUNファミリーの人気トラックのリミックスから、彼らのオリジナリティー溢れるキャッチーかつグルーヴィーなエレクトロベースのサイケデリックサウンドまでを網羅し、若者から支持を集めるだけあるバラエティーに富んだトラックを多数収録。新世代に贈る最先端トランスミュージックとして要注目の一枚!! 
今回のlive set は最新setを披露してくる彼らに期待大。 
http://www.myspace.com/lastmenstandingmusic 
http://www.youtube.com/watch?v=vWrBeI0VBsU&feature=related

 

 

 

 

 

Vol.2 -2011.6.18(sat) 
<<GROWLING SPUN VISION>> 
【G.M.S.】 

G.M.S 
(STAR BOX/ G.M.S music/IBIZA) 

トランスシーンの最先端を音速で突っ走り続けるRIKTAM & BANSIのメイン・プロジェクト『GMS(ジー・エム・エス)』。1995年の結成時から16年以上、世界各地のフロアに熱狂の渦を巻き起こし独特のグルーヴ感とエネルギッシュなライブパフォーマンスで、トレンドマーク[フルオン]を発信し続ける彼らが、2000年に設立した自身のレーベルSPUNRECORDSも今やシーンを代表するレーベルとして大きな成功を収め、創設直後から多数の作品を発表、FINEPLAY RECORDSにも数々の作品を提供なかで、TH'09に収録されている[ANYTHMOF LIFE]、GLOBAL EXPOSITION vol.2に収録された[JUICE 2009MIX]などは、ダウンロードチャートにおいてもっとも話題となる曲になっています。2010年に入りG.M.Sを主軸としたニューレーベル[STAR BOX]を設立、自身も溢れんばかりの才能をテクノフィールドへと落とし込んだテクノユニット RIKTAM & BANZIを結成、Beatportランキングを席捲し、D-NOX主宰のレーベルSPROUTやDJ EMOK率いるIBOGA RECORDSからのリリースも好調に重ね、期待を裏切らないダンスチューンを披露。世界各地のフロアに熱狂の渦を巻き起こし独特のグルーヴ感とエネルギッシュなライブパフォーマンスで百戦錬磨と言われる強力なライヴを体験して下さい。 
GLOWLING MAD SCIENTISTS WEB LINK 
http://www.myspace.com/growlingmadscientists 
http://www.facebook.com/growlingmadscientists 
http://soundcloud.com/growling-mad-scientists 
G.M.S WEB SITE 
http://www.starbox-music.com 
http://www.gms-music.com

 

Vol.3 -2011.7.17(sun) 
<<MINISTRY TECHNO VISION>> 
【STRIPPER aka DINO PSARAS】 

 

STRIPPER aka DINO PSRARAS 
(MINISTRY OF SOUND / SURFER ROSA Rec : UK ) 

UK ダンスミュージックシーンを代表するトップDJ・DINO PSARASが、テクノ名義のライブユニットSTRIPPERを始動。Classic German techno,やDetroit electro、UK Acid、NY House、NuBeatなど、DINOの幅広いバックグラウンドのミュージックエッセンスを最新のテクノサウンドに昇華させたカッティングエッジなサウンドは、現在南アフリカ、ヨーロッパを中心に注目を集めている。ヴィンテージのアナログ機材を駆使したファットなベースや、バイナルやテープからサンプリングした密度と質感のあるメロディやボーカルサウンドを最新のデジタル機器でエディットしたサウンドプロダクションの高さはフロアに強力な磁場を作り出し、予測不能なサウンドストラクチャーは百戦錬磨のオーディエンスをがっちりロックする。TIM HEALEY主宰SURFER ROSAからリリースしたデビュートラック‘Giant Pussy’REMIXがBEATPORTチャートを賑わしたのも記憶に新しく、現在はMINISTRY OF SOUNDなど大型レーベルからリリースを重ねている。6/18 GMS@cube326の大成功も記憶に新しい【xxxVISION】による東京公演は、2時間に渡る壮大なストーリーを紡ぐSPECIAL SETで登場。 

Vol.4 -2011.10.9(sun) 
<<TIP SPECIAL VISION>> 
【RAJA RAM】 
【LUCAS】 
【BIO TONIC】 

 

RAJA RAM (TIP.WORLD / UK)
1989年に自身のユニットTHE INFINITY PLOJECTを結成、後にレーベルTIPを創設して伝道師のように世界各国にシーンの芽を広げ、その後も音楽とパーティーを媒体として成り立つコミュニケーション・ネットワークの持つ限り無い可能性を絶えず私たちに再認識させてきた偉大なる存在、RAJA RAM。70歳を超えてなお、最も人気のあるDJのひとりとして、またSHPONGLE、1200 MICROGRAMSのメンバーとして文字通り世界中を舞台に活躍を続ける彼は、フルートの名手でもあり、さらに独自の世界観を持つイラストレーターとしても稀有な才能を持つ、まさに不世出のスーパーマルチアーティストである。

 

LUCAS (TIP.WORLD / UK) 
レーベルの総帥RAJA RAMから絶大な信頼を受け、世界中のツアーに同行しているTIP.WORLDのレジデントDJ。自身とUKトップ・アーティストとのコラボレーション・トラックを一挙収録した『LUCAS PRESENTS GOD SAVE THE MACHINES』や『Tales Of Heads』が世界各地で大きな反響を集め、トラック・メイカーとしての評価も急上昇中している。そのDJプレイは、ゴリゴリとした硬派な音色を持つパワフルなキラー・チューンを優れたミックス・テクニックで次々と繰り出し、ダンス・フロアのテンションをグイグイと上げていくアグレッシブなスタイルが特徴。「UK系フルオン」の第一人者である。

BIO-TONIC / BROZ.KORP (SOLSTICE MUSIC / FR )
KITSUNEやED BANGER、INSTITUBESなどカッティングエッジなレーベルを輩出し、一躍エレクトロ~ニューレイヴの中心地となったフランス出身の JeromeLecoq  Julien Lecoqによるユニット、BROZ.KORP。トランス名義のBIO-TONICでは「グランツーリスモ4」にも楽曲を提供している彼らは、現在は本名 義をメインにロッキンかつアシッディーでブリーピーなエレクトロ・サウンドを展開、すでにYELLOW、DUO等でDJを行い注目を集めている。また、 1st トラック「Together 4 ever」がMadskippersからのDVD &CDコンピレーションに収録された他、ソニー・コンピュータエンタテインメントが制作中の「PLAYSTATION(R)Home」用コンテンツモDressのプロモーションビデオに楽曲を提供。 現在、1st アルバムのリリースに向けて制作を進めている。

 

Vol.5 -2011.12.16(fri) 
<<PSYCHEDELIC TRIBE VISION>> 
【SPACE TRIBE】 
【CPU】 
【BIO TONIC】 

 

 

SPACE TRIBE 
(Space Tribe Music/ AUS) 

SpaceTribeことOlli Wisdomはサイケデリックミュージック界において、並外れた奇才である。15歳までオーストラリアにて過ごすが現在はロンドンに拠点を置いている。Olliは、スペーストライブとして数年間に及び、サイケデリックトランス界のパイオニアとして、最もその名をサイケデリックシーンに知ら占めてきた。その驚くべく能力はオーディエンスを歓喜と興奮、トリップ感に奮い立たせてきた。彼のバイブスは、洋服、音楽、パーティにあり、80年代初期、ロンドンの有名なクラブ「The Batcave」にてゴシック&グラムロックバンド「Specimen」にてVOCALを任されていた。その後、1986年にバンドを解散し、Olliはアジアへと旅に出た。1988年、タイのパンガン島へ行った際、とてつもなくエレクトロニックで野生的なビーチパーティに遭遇する。彼は即座にハマリ、今までの彼自身の音楽性を振り返ることなく没頭した。彼はインドのゴアへ移動し2年間滞在して、DJ活動や小さなスタジオでトラック制作を行っていた。それから4年が経ち、ゴアで時間のほとんどを使い尽くした。現在は、世界各国(サンフランシスコ、スイス、イギリス、日本など)を旅をしながらパーティを作り廻り、人々の機転となるような大々的な影響を与え続けている。1995年、SPACE TRIBEの1stトラックがSimon Posford(Hallucinogen/Sphongle)と共にバタフライスタジオより全て配信された。Olliはオーストラリアの街、Byron Bayの熱帯雨林へと移転し、『Rainforest Space Base studio』を立ち上げる。1996年に、Spirit zoneより1stアルバム'Sonic Mandala' をリリース、それ以降もSPACE TRIBEはアルバムをリリースしました。2004年には自身の音楽のリリース、またコンピレーションアルバムを提供する窓口となるレーベルとしてSPACETRIBEを設立しました。スペーストライブは他のアーティストらとコラボレーションし、さらに多くのトラックを作成した。 
2008年以降は、最高のギターテクニックを持っているJon Klein (Specimen, Siouxsie & the Banshees, SineadO’Connor)とずっと共にSPACE TRIBEのライブを行っている。